◆オリヅルラン

オリヅルランとポトス 室内へ

1121b
2017年11月21日

真冬並みの寒さが続いているのでベランダのオリヅルランと

1121c
2017年11月21日

ポトスを室内へ入れました。
千葉なのでベランダでも冬越しできそうですが、室内の方が葉が綺麗に保てそうなので。

ポトスはひと夏で蔓が延々伸びました。
春になって再びベランダに出す前に仕立て直そうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリヅルラン 開花

0619b
2017年6月19日

一時は凍死しかけた長年の相棒・オリヅルランですが、一年かけてここまで成長しました。
ランナーも出て一安心。

0619c
2017年6月19日

花も咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリヅルランとタマシダ 室内へ

1104h
2016年11月4日

去年寒波で地上部が枯れ果てたもののここまで復活したオリヅルランと

1104g
2016年11月4日

これも葉が寒波でボロボロになって復活したタマシダを室内へ入れました。
関東だと室外でも平気だったのですが、去年に懲りて早めに入れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリヅルラン 植え替え

0627g
2016年6月27日

一度は完全に地上部が無くなったオリヅルランですが、気温の上昇と共に復活。
だいぶ葉がしっかりしてきました。

0627h
2016年6月27日

小さめの鉢に植え替えました。
植え替えは6年ぶりのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリヅルラン 復活

0523b
2016年5月23日

真冬の寒波で地上部が枯れてしまったオリヅルランですが、諦めきれずに鉢をそのままにしておいたら根は生きていたようで復活しました!
ポトスと共に結婚する時に実家から株分けして持って来たので良かったです(^^)
もう少し大きくなったら植え替えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タマシダとオリヅルラン 凍りました

0126d
2016年1月26日

今朝の最低気温は-3.5度。
そして昨日からの低温で屋外で越冬しているタマシダは一日にして変色。

0126e
2016年1月26日

葉の水分が凍り、解凍後変色した模様。

0126b
2016年1月26日

オリヅルランは更に悲惨。
一応熱帯植物なので屋外で越冬させるのが問題なのですが、今年は新しい環境なのでどの位までいけるか実験という意味もあるのです。(オニ
-1度位なら大丈夫でしたが、流石に-3~-4度は無理の様子。

0126c
2016年1月26日

これも一日にして葉がシオシオ&シミだらけに。
春になったらリフレッシュを兼ねて植え替え再生します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のオリヅルラン

0721b
2015年7月21日

夏を迎えたオリヅルランです。
今年は屋外で育てています。
台風の風雨に蹂躙されましたが、日照充分で調子が良さそう。

0721c
2015年7月21日

夏は開花期です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のオリヅルラン

1017b
2014年10月17日

カテゴリーでは一番上に位置していますが、登場は2年半ぶり以上のオリヅルランです。
相変わらず元気にやってます。

1017c
2014年10月17日

ランナーも出ていますが、親株が元気なので放置です。
特筆することもありませんが、たまには記録という事でw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスの寄せ植え

1129e2012年11月29日

HCで買った苗と家のオリヅルランの子株でクリスマスの寄せ植えを作ります。

1129l2012年11月29日

ミニシクラメンとジュリアンとオリヅルランの寄せ植え。
有り合わせのオーナメントで花の少なさをカバー(笑)

1129j2012年11月29日

ハボタンを中心にビオラとアリッサムとオリヅルラン。
ホワイトクリスマスな感じで。

1129i2012年11月29日

鉢にはオーナメントを下げています。
橇をトナカイじゃなく馬にひかせるのがミソ。(我が家は馬好き)

1129p2012年11月29日

緑化フェアで配布されてハロウィーンの寄せ植えに使った観賞用トウガラシは一つにまとめて松ぼっくりをスプレーで塗ったもので株元を覆ってみました。
この松ぼっくり、ずいぶん昔に塗ったのですが、塗料で保護されるのか丈夫で長持ち、水洗いも可です。

何れもクリスマスが過ぎたらオーナメントを交換して正月用にリメイク予定。
オリヅルランがこの寒さで傷みそうなのがちょっと心配です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

真冬のオリヅルラン

0202c 2012年2月2日

外は極寒ですが、室内のオリヅルランです。
相変わらずランナーが沢山出ています。
今年は土を替えた方が良いかな~?
こういう丈夫な植物はお手入れ時を迷いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

◆オリヅルラン ◆クリプタンサス ◆グズマニア ◆シダ ◆ストレリチア ◆ドラセナ ◆ポトス ◆モンステラ ●カゲツ(金のなる木) ●サボテン ●チランジア ●ハナスベリヒユ ●マツバギク ●マツバボタン ●マンネングサ ●ミセバヤ ●多肉 ★サラダ菜 ★シソ ★チンゲンサイ ★トウガラシ ★トウガン(謎の芽) ★ハダイコン ★フキ ★ブルーベリー ★ブロッコリー ★ミニトマト ★ミョウガ ★レタス ★二十日わけぎ ★二十日大根 その他 アイリス アガパンサス アサガオ アシュガ アジサイ アスター アネモネ アリッサム アルテルナンテラ アークトチス(ハゴロモギク) アーモンド イキシア イベリス イポメア インパチェンス エンバク オキザリス オキナグサ オキナワスズメウリ オジギソウ オレガノ オーニソガラム カスミソウ カラジウム カリブラコア カンナ ガウラ キク キンレンカ(ナスタチウム) ギボウシ(ホスタ) クリサンセマム クリスマスローズ クロッカス グラジオラス グラス ケイトウ ゲラニウム コクリュウ コスモス コリウス コルディリネ コンボルブルス サルビア サルピグロシス シクラメン シバ シャスターデージー(謎の芽) シラン ジギタリス スイセン スイセンノウ スイートピー ストック センニチコウ ゼフィランサス ゼラニウム ソラナム・ラントネッティ タイム ダスティーミラー ダリア チオノドクサ チャ(茶の木) チューリップ ディモルフォセカ デルフィニウム トレニア ナデシコ ニゲラ ニチニチソウ ネメシア ネモフィラ ハエトリソウ ハツユキカズラ ハブランサス ハボタン バジル バラ パンジー ヒペリカム ヒマワリ ヒメツルソバ ヒャクニチソウ ヒヤシンス(謎の球根・謎の球根2) ヒューケラ・ヒューケレラ・ティアレラ ビスカリア フェリシア フリージア フロックス ブッドレア ブルークローバー プスキニア プティロータス プラチーナ プリムラ ヘリオトロープ ヘンリーヅタ ベゴニア ベレバリア ペチュニア ペンタス ホオズキ ホトトギス ホリホック ポインセチア ポピー マリーゴールド ミニバラ ムギワラギク ムスカリ メランポジューム モミジ モモイロタンポポ ヤグルマギク(セントーレア) ユリ ユリオプスデージー ユーカリ ユーフォルビア ラケナリア ラベンダー ラン リアトリス リシマキア リナリア ルピナス ワスレナグサ 寄せ植え 花壇 謎の芽