« 幻玉 脱皮or蕾 | トップページ | フリージア 2月 »

石灰硫黄合剤塗り

0208b
本日は真冬恒例の石灰硫黄合剤塗りです。
もう何年も使っているセット。

石灰硫黄合剤、展着剤、刷毛

強アルカリなのでしっかり防御します。

0208c
2018年2月8日

バラの枝ひとつひとつに塗り塗り。
余った液でついでにブルーベリーとモミジもざっと塗りました。
これで冬の作業はおおむね終了。

|

« 幻玉 脱皮or蕾 | トップページ | フリージア 2月 »

バラ」カテゴリの記事

コメント

石灰硫黄合剤、けっこう黄色いんですね。硫黄色。
これが終われば、春を待つだけですね。(^^)

うちはカイガラムシ対策のマシン油塗り。
鉢バラは秋にしたので、だいたい終わってますが
地植えのつるバラがまだ。( ´Д`)=3
根元は刷毛で、上の方の枝は届かないのでスプレーです。

投稿: amocs | 2018年2月 9日 (金) 13時24分

>amocsさん
左の瓶は希釈してあるものなので、原液はもっと褐色なんですよ。
そして温泉臭が凄いです(^^;)
毎日寒くて億劫でしたが、これ以上延ばしていると芽が出てきてしまうので思い切りました。

amocsさんちは沢山ありますからね~。
しかも元気なつるバラがありますし、バラ仕事お疲れ様です。
でもブログで拝見していて手間はかかりますが開花シーズンになると地植えのつるバラはやっぱりいいなぁと思います。

投稿: REIKO | 2018年2月 9日 (金) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石灰硫黄合剤塗り:

« 幻玉 脱皮or蕾 | トップページ | フリージア 2月 »