« モミジ 剪定 | トップページ | レタス・サラダミックス 1回目の収穫 »

石灰硫黄合剤 塗布

0220c
2015年2月20日

冬も終わりに近づいて…バラの芽も膨らんできました。

0220b
ということで、お尻に火がついて恒例の石灰硫黄合剤塗布の儀を敢行します!

0220d
2015年2月20日

液が垂れない様に筆を立てて塗り塗り…。
本当は冬の間に2.3度塗ると良いらしいのですが、我が家は(面倒なので)いつも一度のみです。

|

« モミジ 剪定 | トップページ | レタス・サラダミックス 1回目の収穫 »

バラ」カテゴリの記事

コメント

石灰硫黄合剤塗り大会、お疲れさまです。
去年は黒点病がひどかったので、やった方がいいんでしょうが
一番ひどかったのは地植えのツルバラなので
気力が出ません。

うちはツルバラの誘引と植え替えがやっと終わったので
あとはカイガラムシの掃除とマシン油塗りです。
これはこれで根気仕事。もう芽が動いてるので遅いかも〜 (^_^ lll)

投稿: amocs | 2015年2月21日 (土) 13時43分

>amocsさん
我が家は鉢バラ数鉢とつるバラ1鉢でひーひー言っているのに、amocsさんちはつるバラいっぱいですから剪定・誘引だけでも大変ですよね。
つるバラって花はゴージャスで嬉しいのですが、冬の作業と消毒が大変すぎます(涙

黒点は地植えだとある程度避けられないのかなぁと思います。
私も今育てているバラ達もベランダ環境では一度も黒点にかかった事はないのですが、一度地植え(地置き)した時はアッサリかかりましたから…。
やはり雨の跳ね返りと湿度の関係かなと思います。

投稿: REIKO | 2015年2月23日 (月) 15時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石灰硫黄合剤 塗布:

« モミジ 剪定 | トップページ | レタス・サラダミックス 1回目の収穫 »